イエコト。

MESSAGEイエづくり対談

対談:イエづくりのコト話しました。

設計事務所のトランスデザインと施工会社のトランスワークス。
設計、施工を一貫して請負う「イエコト。」プロジェクトを立ち上げるにあたり、
それぞれの代表がそこに込めた想いとは?

イエコト。ってなんですか?

松岡
家を建てようと思ったとき、依頼先って、どこにすればいいか迷いますよね。
住宅メーカーか工務店…それとも設計事務所?それぞれに善し悪しがあって、
どこを選んでいいかよくわからない。
設計事務所にお願いするとデザインはカッコイイけど、構造や性能、アフターが心配。
工務店に頼むと家はしっかりつくってくれるけど、デザイン面では少し不安が…。
メーカーの企画住宅だと物足りない。そういう話ってよく耳にすると思います。
じゃあ、それぞれの“いいとこどり”をすればいい!
デザイン、性能、自分らしさのどれかを選ぶんじゃなくて全部をバランスよく取り入れた家づくりを、
イエコト。として実現したいなと。

いいとこどりって難しいですよね?

河名
難しいですね。設計事務所と特定の工務店とのコラボはあるけど、なかなか続かない。
設計者もつくり手も、いいものをつくりたいという気持ちは同じなんですけどね。
設計者はデザインを優先させたいし、つくり手はコストやメンテナンスなど現実的なことを考えて、
建物としていいものになることを追求しますから。
松岡
設計者のいう通りにつくると、見た目はいいけど、すぐ汚れるし…とかね。
そういうのは、現場の経験が利いてくる。
だから、お互い聴く耳を持って一緒にやれたら最高のものになるんじゃないかと思います。
設計者は現場を想像して、つくり手のほうにも設計の意図をくんでもらえたら嬉しいです。
河名

図面を見て、「なんだこれ?」ってことは、いっぱいある。だけど、それを潰してしまうと、なんでもない普通の家になってしまうでしょ。
ひとつひとつの小さなこだわりの集合体がその方それぞれの“らしさ”を反映した「家」になっているわけだから、極力その小さなこだわりに気がついて、住まい手の好みや設計の意図を形にしたいと思っています。
同じ図面でも、そういう気持ちを持ってつくるのと、ただつくればいいという気持ちでつくったのでは、出来上がりが全然違ってきます。
技術的に優れた現場監督はたくさんいるけれど、案外そういうところがくめる人、設計の想いを理解できる人は少ないんじゃないかな。

イエコト。で、設計と施工を一つの会社にしないのはなぜですか?

松岡
お互いを尊重しながら、それぞれ違った角度から意見を言いやすい立場で仕事をすることで、シンプルに物事を進めたいと思っています。
一つの組織で会社目線だけになってしまうと、例えば新しいことがやってみたいと思っても、やったことがない、手間がかかるから…「ま、いっか」という風になってしまいがちだと思います。
河名
家づくりに関わる人たちって、普通は縦の関係になってしまうことが多いんです。
「お客様→設計事務所→施工会社」っていう上下関係というか。
発注元には言いたいことも言えないような関係。
でも、本当にいいものをつくろうと思えば、住まい手と設計者とつくり手が対等な三角関係で、きちんとものを言い合えることが、重要だと考えています。
私たちの場合は、職人さんからも、「ここはこうしてもらえませんか?」という意見がちゃんとあがってきます。
上下関係ではなく、それ自体がどうかということをまっすぐ判断します。
そのほうが結果的にいいものが出来ると思うし、ベストじゃないでしょうか。
住まい手にとって何が一番いいのかを全員で考える、そういう家づくりがしたいと思っています。

具体的な他社との違いはありますか?

河名
イエコト。では、「みんなが分かりやすい」家づくりに力を入れています。
ある種、業界の常識となっているような部分も変えていきたいという気持ちがあります。
一つの取り組みとして、地盤改良工事費用を全額、会社で負担することにしました。
通常は、建物の契約後、着工直前に地盤の調査を行います。
そこで地盤が軟弱であることが分かれば、追加で改良工事の費用が発生します。
工事によっては、100万円を超えることもあるのに…。
これは住宅業界では常識ですが、他業界で契約の後にこれほど大きな追加費用が発生することは、
まずありませんよね。
車を買うのに、途中でまた100万くださいってことはあり得ない。
地盤改良工事は一つの例ですが、そういった家づくりの不安や不透明な部分を無くしていきたいと思っています。
松岡
ちょっと話はそれますが、経営や会社づくりという意味でも、業界の常識を変えたいと思っています。目指すは週休3日制!!住宅業界は、ほとんどの会社でスタッフの労働時間が長く、帰りが遅くて休みが少ない。自分自身もそういう環境で仕事をしてきましたが、それだとせっかく仕事を覚えたころには、みんな辞めてしまう。会社としては、人材のロスがとても大きい。
もっと良くないのは、ぎりぎりの状態で仕事をしても新しいアイデアが生まれないこと。
3日の休みのうち2日はゆっくり休んで、残りの1日は美術館に行くとか、新しくオープンしたお店のインテリアを観に出かける、古い建物をじっくりと眺めるような、感性を養う時間に使ってほしいと思っています。発想の種を常に仕入れていてほしいですね。
実現は…もう少し先の話になるかな。
河名
確かにスタッフの育成は、重要。
これは難しい物件だから、自分がやろうと取り上げてしまうのではなく、
少しずつ仕事を任せることで、スタッフのレベルアップにつながる。
若いスタッフは最初は、しんどいと思いますが、それを乗り越えてこそ、ですからね。
そうすることによって全体に力のある、少々のことでは動じない会社になれます。

最後に、これから家づくりを考えられるみなさんに一言お願いします。

松岡
イエコト。は、設計事務所でもなく工務店でもなく、
新しいスタイルで楽しい家づくりをすすめていきます。ぜひ、モデルハウスにお越しください。
そして、ピンときたら、気軽に声を掛けてください!
暮らしが楽しくなる家を一緒につくりましょう。
河名
例えば、住宅メーカーの家は、たくさんの人が色んなことを考えて、研究に研究を重ねているものだから、素晴らしいものだと思う。それが安心で、好きだという人もたくさんいると思います。
だけど、自分たちの家づくりはマニュアルでは表せない感性を生かしつつ、
人とはちょっと違う家がほしいって人もいると思うんです。
そういう想いを持った方には、イエコト。がぴったり!
一緒に家づくりが出来たら嬉しいですね。
ページトップへ戻る