イエコト。

NEWSお知らせ

2017.10.23 図面と現場

みなさんこんにちは。季節はずれの台風の影響は大丈夫でしたか?

今日はイエコト。の住宅が着工してから、現場(現場監督や大工さん)と
どんなやり取りをしているのかを少しだけご紹介します。

まず、お客様との打ち合わせの中でこんな展開図の様な形をつくりたい
と決定したとします。
図面

ただし、この図面だけで大工さんは作る事は出来ません。
実際は階段、袖壁、手すり、といった色々な要素が重なっていて、
前後関係があるからです。そう、この重なり部分をどう見せるか
といった所がとても重要になってきます。

図面2

もっと完成度を上げる為に詳細図を作成します。現場と設計が意見を
出し合いながら、詳細な3Dを創造して行く作業です。

画像1

イエコト。の家をぱっと見て、オシャレだな。とかスッキリしてるね。
と言っていただける感想の裏では、実はかなり考察がされてたりします。

例え似た様な素材を使ってたとしても、どこかセンスを感じる家、そんな家
をつくっていきたいと思ってます。

 

ページトップへ戻る