イエコト。

幸福感に包まれる住まい

OWNER'S VOICE イエコト。のオーナー様にお話を伺いました。

「会社選びは、本当に大変でした。」
当時を振り返って、そう話されるHさま。
インターネットで調べたり、住宅展示場のモデルハウス巡りをしたり、
ポスティング広告が入っていた会社の内覧会に足を運んだりと、情報収集にかなりの時間をかけられたそうです。

「大手のハウスメーカーや工務店、小さな設計事務所まで色々見て回りました。
実は、ここにお願いしようと、ほぼ決め掛けていたメーカーがあったんです。
そのメーカーの、実際に建てられた方の家を見せてもらえる機会があって。
入った瞬間、目にしたLDKは想像通りすごく良かったんです。
だけど 2 階に上がらせてもらうと、急にチープなつくりになっていて…。
正直、ちょっとガッカリしました。僕たちの出せる予算は決まっているので、
その範囲でいかにいいものをつくってもらえるかという視点で考えたかったんです。
一点集中じゃなく、家全体として自分たちの満足できるものをつくりたいと思いました。」

「なかなかピンとくる会社が無い中で、イエコト。さんのオープンハウスに立ち寄りました。
明るくて話しやすいスタッフさんが対応してくれたことを覚えています。
それから、モデルハウスやオープンハウスに何度か足を運びました。
その中で感じたのは、イエコト。さんの家は、余計なものがついていないということ。
住む人にとって本当に必要なもので家が出来上がっている感じというのか。そこが気に入りました。」

_Z4A1133
▲黒色を絶妙に調合した炭モルタルで仕上げた和テイストの土間

「それでいて、どの家を見に行っても楽しかったなぁ。こうきたか!!みたいな発見がありました。
なるほどなぁとか、面白いなぁと思うところがたくさんあったんですよね。
こういう色んな発想を持って家を設計してくれるところにお願いしたら、
僕らの要望もうまくカタチにしてくれるだろうなと感じました。」

_Z4A1197
▲室内窓は冷暖房効率を上げる実用面とデザインを両立したお気に入り

いつもアンテナを張って、ご自身の家に取り入れたいものやアイデアを探しておられたHさま。
家選びをするうち、考えさせられることや気づかれたことがあったようです。
「色々な会社を回ってみて、この広さ、この内容でこの値段だと高く感じるなとか、
逆にここはお金を掛けてでももっといいものを使ったほうがいいんじゃないかなと、
実際にモノを見て比べる中で自分たちの持っている感性に気づかされました。
そういうズレがなく、質と価格のバランスが丁度よく僕たちにとって“しっくり”くる会社がイエコト。さんでした。
きっと、完全な設計事務所だと先生のこだわりが強くて僕らの意見は聞いてもらえないだろうし、
企画商品としての家には違和感がある。
ハウスメーカーと設計事務所の中間みたいなところが僕たちの求めていたものだったんだって。」

_Z4A1125
▲和のテイストも取り入れたいという気持ちから1階には和室を設けて落ち着いた雰囲気を出した

打合せは、どんな風に進んだのでしょうか?
「最初は、こういう風にしたい、こんなイメージにしてほしいと色んなことをぶつけました。
コの字型の家がいいとか、洗濯を取り込む専用の部屋がほしいとか。
ビルトインで車が眺められる家がカッコイイとか。
テレビや雑誌を見れば見るほど、あれもしたいこれもしたいと夢が膨らんできて、
とりあえず自分たちの好きなもの、やりたいことを全部を言いました。
そうしたら、ここの敷地は景色がいいから2階リビングが絶対にオススメですよ。
コの字型の家は構造上、建物の強度が弱くなりやすいし壁の面積が増えるのでコストもかかります。
ビルトインで家の面積を大きくすると税金も増えますよ。など、
考えてもいなかった角度でアドバイスをもらいました。
提案をもらって、ひとつずつ納得をして、今のこの家のベースが出来上がっていった感じです。」

_Z4A1168
▲2階リビングは、敷地の条件を考慮した景色と開放感を楽しめるプランニング

毎週の打合せやショールーム見学は、正直大変だったそうです。
それでも、時間をかけたからこそ見えたもの、納得できたことが多く、
設計士やコーディネイターとのやりとりも、Hさまにとって大切な時間だったようです。
「ショールームで見たタイルが気に入って、それを使いたいと言ったことがありました。
でも、このタイルは部屋のイメージと合わないからやめたほうがいいと言われて…。
確かにそうだなと思って諦めました。
でも、その後の打合せで、ここでならあのタイルが活きますよ!と提案をもらった。すごく助かったし、嬉しかった。
実際、出来上がった家を見て納得。やっぱりプロだなと思いました。」

_Z4A1304
▲シンプルでありながらどこか目を惹く外観は都会の風景に馴染んでいる

最後に、とても印象に残った言葉をご紹介します。
「調べれば調べるほど、大きな会社にお願いする意味が見えなくなってきて…。
莫大な広告費や開発費が価格に反映されてしまうのは、施主にとっては大きな負担になると思いました。
人には色んな考え方があるので、これは僕らだけの感覚かもしれないですけど、
幸福感を味わえるのは大手の安心感や保証制度じゃない。
日々の生活をいかに充実させるかだと。その価値観をカタチにしたのが僕らのこの家です。」

ページトップへ戻る