イエコト。

心地よい開放感を愉しむ

OWNER'S VOICE イエコト。のオーナー様にお話を伺いました。

「この家に引っ越してから、子供たちのお友達もたくさん遊びにくるようになりました。
息子や娘が友達を連れて来たいといった時に、笑顔でいいよ!!と言ってあげたかったんですよね。」

7z4a0103
▲無垢の床とオリジナルの引き戸、アクセントのタイルが高級感と落ち着きを醸している

以前は、賃貸アパートにお住まいだったTさま。
お子さんが大きくなり、部屋の広さや収納量に窮屈さを感じることが増えたそうです。
「家の中で走り回ったり、大きな声を出して遊ぶ子供たちをご近所迷惑だからと叱った後には、
何となく後ろめたさがありました。本当は、もっとのびのび遊ばせてあげたいなと思っていました。
収納量が足りないので部屋も片付かないし、ストレスでイライラ。
親子でケンカになることもあり、もっといい環境で暮らしたいと一戸建てを考えるようになりました。」

7z4a0058
▲夏にはプール遊びやBBQを楽しめる芝生の庭は、鮮やかな緑が外観とのコントラストを生んでいる

モデルハウスや雑誌をたくさん見て、下調べをして、いくつかの会社には具体的な相談をして、
じっくり比較検討されたそうです。イエコト。を選んだのは、無垢の素材をたくさん使っているところ、
デザイン性、価格のバランスが取れていたという総合的な判断だったそうです。

「最初に”イエコト。”さんのモデルハウスを見た時、デザインに一目惚れしたんです。
それまで、色んなモデルハウスを見ましたが夫婦の意見が合うことは無かったのに、
こんな家ならいいね!!ってはじめて二人の意見が一致しました。
ただ、オシャレ過ぎて自分たちが生活をするイメージがつきませんでした。
うちは子供もいるし、見た目が良くても安全でないものや、汚れやすいもの、使い勝手のわるいものは嫌だなって。
暮らすとなると毎日のちょっとしたことが便利にまとまっていることが重要だと思います。」

7z4a0110-2-1024x733
▲キッチン前に設けたカウンターと棚は家族のスタディスペースとして活用

家事動線や掃除のしやすさ、生活感が出ないような適材適所の収納、
もちろん見た目にもこだわったTさま。細かいところまで時間を掛けて打合せ、
出来あがった家での暮らしは、どんな風に変わったのでしょうか。

7z4a0074
▲テレビの後ろには階段下を利用した収納があり、季節家電などが仕舞われている

「家族の関係は大きく変わりました。絆が深まったように思います。子供たちがのびのび遊んでいるのはもちろん、
今までほとんど料理をしなかった主人がキッチンに立つようになったんですよ!!
凝ったメニューが好きで、私や子供たちも一緒になって料理をして、みんなで楽しく食べています。
広めのLDKで主人の友人を招いてホームパーティーをしたり、ママ友とお茶をしたりもします。
家の居心地が良くて、外に出かける機会は減りましたね。」

7z4a0090
▲こだわりだったフルオープンのキッチンは家族のコミュニケーションスペースでもある

生活をしてみてからの不満や、後悔はありますか?との質問を投げかけると、
しばらくの間の後、こんな答えが返ってきました。
「うーん…ないですね。本当にないです。思った通り。
でも、ないと言うと、参考にならないですよね。考えます、えっと…。」
何とか絞り出してもらった回答は、
「収納の中にも電気があったほうがよかったことかな。あとは、外構の費用が思ったより膨らんだので、
もう少し早くからお庭についても提案をもらっておけば助かりました。」
本当に楽しそうにお話してくださったTさま。
仲の良いご家族の暮らしが目に浮かぶような、とても嬉しい取材になりました。

 

 

 

ページトップへ戻る