イエコト。

のびやかな暮らしを育む住まい

OWNER'S VOICE イエコト。のオーナー様にお話を伺いました。

「1階は建具や仕切りのない開放的なプランで、家事がしやすくて居心地もいいです。
リビング階段で2階ともつながっているので、家全体がひとつの空間のようでとても気に入っています。」
そう話すIさまのお宅は、和室やバルコニーを敢えて設けていません。
その分、アパレル関係のお仕事で洋服や靴の多いご主人用の広いウォークインクローゼットや、
寝室の一部にタイル張りの物干しスペースをつくるなど、Iさまならではの暮らしに必要なものは、
しっかりとプランニングに反映されています。

「打合せは、かなり楽しくやらせてもらいました。
ちょっとしたことも丁寧に相談にのってもらえて嬉しかったです。
要望を図面に落とし込んでもらうことで、だんだんと自分たちの考えがまとまって、
具体的な家のカタチがみえてきました。」

_z4a1925
▲土間+スノコで玄関とLDKがゆるやかにつながる

「家を建てた友人から、気に入ったデザインや質感のものがなかなか見つからなくて、
徹夜でカタログをめくって決めたという話を聞いて…。
そんなの嫌だなぁ、私にもそんな日がくるのかなぁって不安でした。
でも、打合せがはじまってみるとそんな場面は一度もなかった。
カタログもほとんど見ていないですし、提案されたものの中にちゃんと自分の好きなものがありました。
時々、迷ったときにはカタログやサンプルを見せてもらうことはありましたけど…。
やっぱり、提案してもらったもののほうがいいなって結論に落ち着く。
普段の私なら、どちらかというとカタログを全部見て確認したいほうなんですけど、
その必要はありませんでした。」

_z4a1971
▲キッチンはこだわりを実現したオリジナルで見た目も使い勝手も◎

家づくりは、住宅展示場に足を運ぶところからスタートしたIさま。
情報収集をしていくうちに、色々なことが見えてきたそうです。
「最初は、総合展示場に行って大手ハウスメーカーのお話を聞きました。
性能に力を入れていて説明に説得力があったし、営業の方もしっかりした感じのいい方でした。
ただ、好き嫌いでいうと、どうしても自分たちが住みたいと思える家ではなかったんです。
好みに合わせて自由にできると聞いたので、実際に住まれている方の家を見学にも行きましたが、
やっぱり違和感がありました。
それで聞いてみたんです。『これは、選べるんですか?』って。
そうしたら、『はい、2種類から選べます。』という答えが返ってきて…。
限界を感じました。ここじゃないなって。
あるものの中から選んだ組み合わせで出来上がる家ではなく、
プロに相談しながら家づくりをしたいと思っていましたから。」

自由な発想で家づくりをしたいという思いは、当初からブレのなかったIさま。
でも、家選びをする中でどうしても譲れない点は他にもあったそうです。

「性能面は譲れませんでした。
元々、いいものを永くという考え方が僕たちのモノ選びの基準ですし。
それでいて、やっぱり型にはまった家では納得がいかない。
かといって、建築家とか設計事務所に頼むというイメージは全くありませんでした。
そこまでは、ちょっとハードル高いなぁ。そんなに強いこだわりがある訳ではないし…と思っていました。」
そんな時、ふとイエコト。の広告が目に留まり、話を聞いてみようということに。

_z4a1993
▲家族がくつろげるリビングはお気に入りの空間

「最初に事務所でお話を聞いたときのことをよく覚えています。
広島の気候に合わせた性能と自由度の高い設計という話がスルスル入ってきて、
自分たちの住みたい家が見つかったと思いました。
性能、デザイン、価格、どれも納得のいくものでした。
オープンハウスで実際の建物を見たときにも、しっくりときました。」

家だけでなく、土地探しもされたIさま。
通勤や通学のことを考えると住む場所も市街地からあまりにも遠い場所は現実的ではない。
予算もある。何より一生ものの家を建てるのだから、時間をかけて丁寧に計画をしたい。
家づくりには、考えなければならないことがたくさんあり、もちろん不安もあったそうです。
でも、それだけ考えたからこそ、今の暮らしには満足があり、
これからも家とともに家族が成長していくのをとても楽しみにされています。

_z4a1958
▲1階は開放的な空間で脱衣室とトイレの扉以外は建具や仕切りを設けていない

そんなIさまから、これから家づくりをされる方にちょっとだけアドバイス。
「まずは、色んな会社を比べてみるのがいいと思います。
自分がいいなと確信を持てるものを見つけるには、
違うなと感じている興味のない会社も含めてちゃんと向きあって話を聞いてみることが大切だと思います。
実は、僕たちもマンションを見に行ったりもしました。
それでモデルルームに入った瞬間、ないなと思ったんですけど、それでも話は聞いてみる。
なぜ、”なし”なのかを、確認するための時間とでもいうのかな。面倒くさいんですけどね。
その上で、興味を持って話を聞ける会社は、きっと自分たちが好きな相性のいい会社なんだろうと思います。」

_z4a1861
▲玄関扉を開けると広い土間から鉄骨階段の横顔が見える

家具や植物などインテリアひとつひとつから、
家と暮らしへの愛情がじんわりと伝わってくる住まい。
10年、20年時を重ねる度に、きっとどんどんいい家になっていく。
そんなお宅でした。

 

ページトップへ戻る